コンテンポラリーアート

コンテンポラリーアートは、既存の分野にとらわれず、映像や立体、インスタレーション、パフォーマンスなどのあらゆる表現方法と考え方を模索します。
ダ・ヴィンチも、ゴッホも、北斎もその時代の先端的表現者でした。真に新しい挑戦は時代を超えて古典となり、影響を与え続けるのです。
コンテンポラリーアートは、誰もたどり着けなかった、今までに見たことがないものを表現し、未来へと投げかけます。

教員紹介

 

教授 美術作家 平林 薫(Kaoru Hirabayashi)
1955 年神奈川県生まれ
東京芸術大学大学院修了
1987年P.S.1(ニューヨーク)に1年、ニュージーランドに3ヶ月、招待作家としてアーティストインレジデンスにて滞在制作
主な研究:文字と言葉、平面、映像、インスタレーション

授業紹介

 
 
 

Gallery制作から解体まで

 
 
 

コンテンポラリーアート・彫刻コースの2コース合同授業。自分たちで学内にギャラリーを設計・制作し、展示・運営を行います。一年を通して行う授業で、最終的にはギャラリー解体までを体験し、展示そのものを考えていきます。

紙を使ったインスタレーション

 

素材を紙に限定し、テーマを定め表現する授業です。動画、身体、グループワークなどの場所や空間と関わる、あらゆる手立てを試みます。

学内から素材を集め、絵を描く

 
 
 
 

学内にある植物、土、石などを、個々の感性のままに集め、すり鉢で潰し、それらを素材として使用し、作品を制作します。

作品紹介

 

clone ( 布目 慶彦 )

展示活動

 
 

みのかもannual

美濃加茂市民ミュージアムで開催されるアートイベント。本学在学生・卒業生を含む、東海地区で活動するアーティストたちが主催となり、2008年より「野外研究」というテーマのもと、 普段とは異なる条件で作品展示・研究を行っております。

他のコースが気になる方はこちら

 
 
 

美術コースの作品を見てみよう!

 
資料請求はこちらから
WEB入試要項・WEB入試案内