彫刻

彫刻は立体で自己を表現する分野です。
素材として木や石、土や金属などをよく使いますが、それらは何億年もかけて地球から生み出されたもの。彫刻という営みはその先で表れるのです。地球を彫刻しようとした人がいました。光を立体にしようとした人がいました。社会にくりだして人と関わって表現する人もいます。
彫刻とは宇宙と関わり、社会を彫刻するダイナミックな術なのです。共にこの術を学んでいきましょう。

教員紹介

 

教授 アーティスト 髙橋伸行(Nobuyuki Takahashi)
1967 年愛知県生まれ
愛知県立芸術大学美術研究科大学院彫刻科修了
主な研究:現代美術、医療福祉とアート・デザインのコラボレーション、自主運営ギャラリー、アートプロデュース

作品紹介

 

三谷原 奈々さん
「Play room」

 
 
 

展示活動

 
 
 

○なごや寺町アートプロジェクト
東別院から西別院に渡るエリアに様々なアーティストがアート作品をまちに点在させていくプロジェクトです。
名古屋造形大学50周年記念事業として、2017年5月24日(水)〜28日(日)の期間で開催いたしました。

他のコースが気になる方はこちら

 
 
 

美術コースの作品を見てみよう!

 
資料請求はこちらから
WEB入試要項・WEB入試案内