卒業制作 進行中

ちょっとブログサボっちゃいました。

2月10日〜18日まで、第25回卒業制作展・修了展が、名古屋造形大学キャンパスにて開催されます。
この時期、学生達は制作に追われ、日夜、土日返上で取り組んでいるのではないでしょうか。
今年度、プロダクトデザインコースでは、9名の4年生が卒制に取り組んでいます。

毎年、個性豊かなメンバーがユニークな発想を披露してくれますが、そのプロセスをお見せしたことはあまり無かったので、制作過程をチラ見せしてみようかな…と思います。

IMG_3142

いきなり、動物の様な…人の様な…宇宙人の様な…フィギュアの制作過程です。

これって…どんなプロダクトなの…? 近年、幾つか毛色の変わった作品を制作する学生が出てきました。

使い勝手や利便性、機能性、軽量化などを製品として解決していく従来のプロダクトに加え、ビジネスの仕組みや新しいライフスタイルに寄り添った経験を提供する「企画」などを考えるパターンです。

彼女の提案は、ネット上のバーチャルな空間に広がる街(「ゆるふわタウン」というそうです)の住人達と、アバターとして入り込んだ自分自身が体験する新しい「商空間」とでも言えば良いでしょうか?

スポンサーになる企業がこの架空の街に出店し、アバターであるユーザーが買い物や住人達とのコミュニケーション、或いは、同じ様にこの街を訪れた他のアバター(ユーザー)と情報交換などをすることができ、「ゆるふわタウン」で手に入れたポイントなどが、現実の店舗でも使えるサービスを提供する仕組みの提案です。

1990年、富士通がハビタットという、チャットを中心とした仮想現実空間を提案したことがありましたが、eコマースをよりリアルな体験型テーマパークの様にすることで、別の人格を楽しんだり、新たな出会いを含めたネットワークの構築に活用するという、SNS+EC+RPG を提案しようとしています。

彼女は「ゆるふわタウン」の住人達であるキャラクターのLINEスタンプを実際に販売し、人気の動向を確認したり、キャラクター設定の精度を上げたり…と結構、ロジカルなプロセスにも余念がありません。

「ゆるふわタウン」を紹介するプロモーションビデオも作り、展示ではその街並みや住人達を立体フィギュアで再現し、キャラクターグッズとしてのビジネス展開も想定したプレゼンテーションになる予定です。

IMG_3141

興味を持って下さった皆さん、是非、会場まで足をお運び頂ければと思います。

PD 金澤

デザイン女子No.1決定戦2018 スタートアップ!

いよいよデザイン女子No.1決定戦2018が、告知されました!

昨年度は、つい先日ブログでも御紹介した永田明里さんの「irodori」が、プロダクトデザイン部門の N0.1 、一昨年度は、卒業後から木工職人を目指し修行中の加治志生吏さんの「万華筐」がオーディエンス賞、2013年度には、中間彩乃さんの「Patan」が、グランプリに当たる「デザイン女子No.1」に輝いた、名古屋造形大学のプロダクトデザインコースとは、とても御縁のあるコンペティションです。

デザイン女子No1

中間彩乃さんの「Patan」

IMG_2903

加治志生吏さんの「万華筐」

DSC_01161

デザイン女子No.1 審査会場にて

 

09pd_34

永田明里さんの「irodori」 左奥で立っているのが、作者の永田明里さん

各受賞作の解説はネットで御覧頂くとして、このコンペは全国の大学、短大などで建築、インテリア、プロダクトなどの空間や立体デザインを学んだ女子学生の卒業制作作品を対象としたもので、毎年100点近い応募作品の中から優れた作品に賞が与えられます。

著名なデザイナーや建築家などが審査に当たり、毎回、学生達の緊張しながらも素晴らしいプレゼンテーションを見ることができます。
今年も狙います!

名古屋造形大学のプロダクトデザイン(来年からライフデザイン)に御注目下さい!

PD 金澤

Process展の御案内

愛知県内の美大に通うプロダクトデザインを志望する4人による展示会があります。
名古屋造形大学のプロダクトデザインコース(来年からはライフデザインコース)の1年生、奥田帆南さんが参加しています。

process展

普段はあまりみることができない制作過程(プロセス)を見て、触って、感じてもらえる展示って…いったいどんな作品が並ぶのか楽しみですね!

はがき記載と同内容ですが念の為。

・会期:2018年1月10日(水)〜14日(日)10:30〜19:00(最終日17:00)

・入場:無料

・場所:市民ギャラリー矢田3階第6展示室

(地下鉄名城線ナゴヤドーム前矢田駅下車 1番出口 南へ徒歩5分)

 

彼女もそうですが、学外にネットワークを持っていると世界が広がり、アウトプットの幅も広がります。
学生の皆さんには、是非、他大学の学生やJIDA(日本工業デザイナー協会)等の学外団体、地域のネットワークや学外コンペなど、色々な社会との繋がりを持ち、活動して欲しいと思います。

若いエネルギーが発信するメッセージを是非、ご覧下さい!

 

PD 金澤

デザイナーにとって、スケッチは大切なコミュニケーション手段

今年もあと1週間で年内の授業は終わり。
1年生は、毎週火曜日は私のスケッチの授業です。

ボールペンや鉛筆、マーカー等のドライマテリアルでのスケッチに取り組んできました。
透視図法のロジカルな考え方と、直感的にバランスを判断する感覚的な視点の両方が大切で、初めてマーカーでID(インダストリアルデザイン)スケッチを描く人には慣れないハードルも多かったと思います。

でも毎年のことですが、みんな集中力が高く、黙々と作業を進める学生達を見ていると、たった9ヶ月でとても逞しく、そして頼もしくなったと感じます。

IMG_3143

シーンとした緊張感の中、みんな黙々と作業してます

今回、取り組んでいるのは図面から形状を読み取り、説明しやすいアングルを自分で決めてスケッチで表現する課題。

 

IMG_3144

写真の彼女は仕上がりが自分で納得出来ない様で、今日3枚目のトライ。提出ギリギリまでもがく様です。

 

IMG_3146

この学生も、これまで描いてきたスケッチと返却時に付けたコメントを振り返りながら、丁寧に作業を進めています。
彼女はAO入試で入ってきた学生ですが、ご覧の様になかなか上手に描ける様になりました。

1年生の間は、ひとつひとつが地道で根気のいる課題です。
多少の早い遅いはありますが、投げ出すことなく、しっかり仕上げる習慣を身に付けてくれている様で、毎年いい学生が集まってくれたと感じる瞬間です。

PD 金澤

1日体験入学 お疲れ様でした(^-^)

12月9日は冬の1日体験入学イベント、AOや推薦で合格が決まった皆さんの入学前プログラム、デッサン講座などで造形大は寒さを吹き飛ばす大賑わいの1日でした。
ライフデザインコースでは、1日体験入学の授業としてスマホ用スピーカーを作りました!

IMG_3124

 

今回は18名もの生徒さんに参加頂きました。

IMG_1650

ライフデザインコースのアトリエも大賑わい!

バックロード式スピーカーの原理とポイントなどを説明してから、先ずはレーザー加工機のデモを見学してもらいました。
パーツの確認と組み立て手順を説明した後、いよいよ各パーツを組み立てます。

サイドパネルには、見学してもらったレーザー加工機で彫刻した皆さんの名前入りパーツも使用。 自分だけのオリジナルボックススピーカーを完成させました。

IMG_3127

外観は100mm四方程度の箱ですが、中身は蛇行する管形状。管の全長は350mm程度あります

ボランティアでサポートしてくれた在校生達も粉まみれになりながら大奮闘!

IMG_1654

2年生の久保さんは、ベルトサンダーの指導でデモ作業! 粉だらけで頑張ってくれました!

時間に余裕のある人達は、レーザーで切り抜いた色々なパーツで外観のデコレーションも!

IMG_3130

思い思いのデコレーションを検討

完成後は自分のスマホを取り出して視聴です。 生音との違いを聴き比べながら、皆さんその効果を確認出来た様です。

ライフデザインコースを希望する人達ばかりではありませんでしたが、生活の中にある「ものづくり」の楽しさを感じてもらえたなら嬉しいですね。 次回も是非、参加して下さい!

 

PD 金澤

 

 

三好悠介登場! あいかわらずのバイク乗り

最近、コースの OB / OG がよく研究室に遊びに来てくれます…そういう時期なんでしょうか?

今日、訪ねてくれたのは、この3月に卒業した三好悠介君。 とにかくバイク…オフロード大好き小僧で、卒業制作でも迷わず日常でも使えるユーティリティーを備えたオフロードバイクをテーマにフルサイズモデルを作ってくれました。

卒業後は、神奈川県の川崎市に移り、某電気製品メーカーにゲストデザイナーとして入り、1年目…卒業後、半年ちょっとで既に幾つかのプロジェクトに参加しているとのこと。

セルフレジ機器、ATM、カラオケ機器など幅広い分野を手掛けているそうで、来年には参加したプロジェクトが世に出る可能性もあるとのこと!(ハヤッ) もちろん卒制でも頑張りを見せてくれた彼ですが、社会人になってからは一層、コンセプトをしっかり考える習慣が大切だったと感じる様になったそうです。 夏前には気持ちがダウンした時期もあったそうですが、先輩社員に刺激を受け更に成長したい! と今日はとても前向きな…そしていつもの男前な笑顔を見せてくれました。

職場の上司が同じくオフロードバイク乗りだそうで、一緒にツーリングにも出かけるとのこと・・・上司に恵まれました…とは本人の弁。

IMG_3117

いつも爽やかな顔しとるな…こやつ

今回、造形大に来てくれたのは、こちらで新しいバイクを買う為だそうで、昨日も雨の中、新東名を寒さに耐えながら疾走してきたそうです。

何を買うのかと思いきや…もちろんオフ車…

「で? 何?」

「外車です…」

「どこ?」

「KTM(オーストリア)で…」

「なんぼ!?」(関西人の習性)

「○○万超えで…」

「うひょ〜!」

「さっそく、社会人してますな〜」(ちょっと羨ましい)

 

閑話休題…ここ立て続けに卒業生がアトリエを覗きに来てくれる・・・私にとって何より嬉しいモチベーションです。 元気な時はいい…辛い時や行き詰まった時に愚痴を言いに来るだけでもいい…いつでもフラッと来てもらえる研究室でありたいですね。

さて、次は誰が来てくれるのかしら・・・これを読んだあなた! 行かなくてはいけない気がしてきたでしょう!

PD 金澤

 

 

 

 

森田裕之登場 またも快挙!

登場シリーズ第2弾

今日は、プロダクトデザインコースの卒業生、森田君の活躍を御紹介します。
彼は、2014年3月に本コースを卒業し、イギリスに渡り、プロダクトデザイナー:安積伸氏(今年度の卒業制作展記念公開講座に御登壇頂きます!)の「a studio」でインターンシップを経験。

この時の卒業制作作品は、イタリア主催の国際コンペティション「A’DESIGN AWARD & COMPETITION」にてArts, Crafts and Ready-Made Design Category Silver prizeを獲得しています。(このコンペティションは世界最大の規模を誇り、カテゴリーは105項目、世界150カ国からの応募。2014年の応募総数は約12000件。審査員には50人のデザイナー、ディレクター、ジャーナリスト、専門家がおり、全員の評価と投票で賞が決定します)
【受賞作品】
http://www.adesignaward.com/design.php?ID=31494

 

そしてその後、スイスの美術系大学院に進学した経歴を持ちます。
今回は、その大学院での修了プロジェクトが、この度ジェームズダイソンアワードの国際トップ20プロジェクトの1つに選ばれました!!

以下、御本人の Facebook から引用。

電力供給がない環境でも使えるハンディ掃除機のデザインです。車の中や料理をした直後のキッチン周りなど、日々の生活環境を気軽に少しだけ綺麗に保てるようにとスタートしたプロジェクトです。充電や電気コードの煩わしさから解放する為に、電気モーターを補う手動の機構を開発し、低騒音で使える事を目指しました。
詳しいプロジェクトの詳細は以下のリンクをご覧ください。
https://jamesdysonaward.org/ja/projects/omit/ (是非、動画も御覧下さい)

10636129_880478425368899_3432885170973071739_n

2015年に招聘講師で訪問してくれた安積伸氏と(向かって左から、森田裕之君、安積伸氏、筆者)

彼は現在帰国し、セルフプロダクトを進めながら次なるチャンスを狙っており、最近はアトリエにもよく顔を出してくれています。

せっかくの機会ですので、現在彼が取り組んでいる天然ゴムを使い、成型方法を学生達にも体験してもらいながら、素材から発想する彼のプロセスを紹介してもらいました。
デザインに対する彼の貪欲な取り組み姿勢と考え方は、後輩達にも感じて欲しいところ! 彼にも更に羽ばたいて欲しいですね!

PD 金澤

 

 

 

永田明里登場!

先日、この春プロダクトデザインコースを卒業した永田明里さんが、アトリエを訪ねてくれました。(写真向かって右)

IMG_3108

 

在学中は学生会長を務め、芸祭ではお茶漬けリプライズで舞台を飾り、クラスでも元気にまとめ役としての存在感を放ち、卒業制作では見事「デザイン女子No1」のインテリアプロダクト部門で1位に輝いた実績を持ちます。

卒業後は、新城にある樹脂成形メーカーに就職され、現在は製造の現場を経験しながら、オリジナルブランド展開している商品群にその作品を加えるべく、来るべき企画を温めているとのこと。

後輩に当たる在学生達とも、その近況や作品について話が弾んでいた様で、学生達も卒業後の元気な先輩を見ることは励みになるのではないかと思います。

写真は、4年生の関谷さんと、スケジュール帳の使い方について情報交換。

永田さんのスケジュール帳は、色分けで見易く、イラストで楽しく、タスク完了が一目で分かる工夫など、早くも仕事のできるオーラが溢れるものでした。

卒業生が貴重な休日に大学のことを忘れずに訪ねてくれる…専門的な言葉も交えながら仕事の話を通して元気に頑張っておられる様子を知ることができるのは、とても幸せなことですね。

 

PD 金澤

 

 

 

 

Happy Halloween !

皆さん、今日のハロウィンを狙っていたんですね。 空間立体系の研究室職員の…後藤さん(向かって左…いつもは朝倉南)、日下さん(向かって右…今日は後藤さんと2人で聖歌隊)、田沼さん(中央)も、朝から気合い十分で職場を明るくして下さいました。

IMG_3091

今日の私の担当授業は1年生。
フォトショップを使ってスケッチを描いていますが…PCモニターの向こうには角やミニーなどのかぶり物が…。
(山田さんは角、光ってるし…(@_@))
真剣な顔をして説明を聞いている表情とビジュアルのギャップが可笑しくて、目が合うと思わず笑ってしまいました。

IMG_3092

Macルームには35台のPCが並んでいますが、背面のリンゴマークが何かの呪いに見える不思議な空間と化しました。

学生が楽しみながら大学生活を送っている姿は何よりのモチベーションです(^_^)
ちょっぴり、元気になりました。 ありがと…。

PD 金澤

ウッドワンダーランド2017開幕

プロダクトデザインコースで取り組んでいる積層造形…立体の等ピッチの断面を起こし、各断面をレーザーで切り抜いた後、積層する造形手法…をテーマに、ウッドワンダーランド2017にエントリーしました。

ウッドワンダーランドは、木工に関する様々な展示や体験が出来るイベントで、最新の工作機械なども見ることが出来ます。
トヨタ自動車の木製のロードスターやカリモクさんの木琴の板が並んだ音の出るオブジェなど、私も楽しみにしている作品が並びます。

今回は、2年生が展示計画から展示モデルの制作、解説用パネルなどを作ってくれました。
今日は4名の学生達を連れて、いざ搬入。

IMG_3033IMG_3038
3mx3mの小さなブースですが、現在3年生が取り組んでいる素組のモデルや同じ工程で作ったクルマのモデル、過去の椅子など幾つかの木工作品を選びましたので、お時間のある方は、是非ポートメッセなごやまでお出かけ下さい!

IMG_3037

搬入で頑張ってくれた、向かって左から、彦坂君、中島君、久保さん、三谷さん。

PD 金澤