大学理念

建学の精神

本学は、浄土真宗の宗祖である親鸞聖人が説かれた「同朋(どうぼう)精神」や、その実践を表わす「同朋和敬(どうぼうわきょう)」を建学の精神としています。「同朋精神」とは、私たち人間が同じ「いのち」を生きるがゆえに、互いの「いのち」を敬い生きることを示します。それは、他の生もすなわち我が生であるという認識に立つことです。本学では、「同朋精神」を「共なるいのち」を生きることと言い換えて、教育現場に反映しています。

大学の使命・目的

研究・制作による造形真理の探究は、人間存在に対する認識の深まりなくして、つまり、自己を超え、自己と共にある他者の喜び、悲しみ、痛みへの眼差しなくしてありえません。本学は、造形力を磨き高めることで、自己実現に繋がるだけでなく、他者を慈しみ共に生きていく力という意味での、真の「人間力」を醸成することを使命・目的としています。

専門分野においては、本学はこれまで、造形に関する学術の中心として広く知識を授け、深くその技能・理論及び応用を教授・研究し、それによって豊かな創造性をそなえた有為な人を育成することを使命とし、人類文化及び社会の福祉に貢献することを目的としてきました。今後もその考え方を生かしながら、未知の表現に取り組み続けます。

一方、個と他の関係性が広い意味で強く求められている現代社会では、分野を横断した広い視野を持ち、積極的に社会へ提案できる人、自発性を持って人と人、人と社会を結びつける力を持った人が求められています。本学は、この要件をこれまでの考え方に含め、「次代を切り拓くクリエーターの育成」を使命に加え、教育・研究に取り組みます。

名古屋造形大学の沿革

1967.3 名古屋造形芸術短期大学設置認可
1967.4 名古屋造形芸術短期大学開学(造形芸術科)入学定員50名
1973.4 入学定員を150名に変更
1975.4 染織コース新設
1981.4 入学定員を240名に変更 造形芸術科を絵画・彫塑専攻とデザイン・工芸専攻に分離し、あわせて環境デザインをプロダクトデザインに改称 インテリアデザインコース新設
1985.4 小牧市大字大草字年上坂にキャンパスを移転、造園デザインコース新設
1986.4 彫塑コースを彫刻コースに改称 造園デザインコースをランドスケープデザインコースに改称 インターメディア(総合芸術)コースを新設入学定員を420名に変更
1989.12 名古屋造形芸術大学設置認可
1990.4 短大の彫刻コースを廃止し、大学に移行開設入学定員320名に変更
名古屋造形芸術大学開学(造形芸術学部)入学定員100名 聴講生制度開設
1992.4 科目等履修生制度、研究生制度発足
編入学制度開設、聴講生より科目等履修生に名称変更
2000.4 短大の入学定員を190名に変更し、従来の2専攻8コースを2専攻6コース編成に改編
入学定員を180名に変更し、従来の2学科5類編成を、2学科7コース編成に改編
2002.4 短大の2専攻6コースを2専攻4コース編成に改編
2002.12 名古屋造形芸術大学大学院設置認可
2003.4 名古屋造形芸術大学大学院開設(造形芸術研究科)入学定員10名
名古屋造形芸術大学入学定員を200名に変更
名古屋造形芸術短期大学を名古屋造形芸術大学短期大学部に校名変更 入学定員110名に変更
2006.4 短大部の入学定員を80名に変更し、従来の2専攻4コースを3コース(絵画、インターメディア、ビジュアルデザイン)編成に改編
入学定員を260名に変更し、2学科7コース編成を、2学科9コース編成に改編
2007.3 短大部の学生募集を停止
2008.4 名古屋造形芸術大学を名古屋造形大学に校名変更し、造形芸術学部もそれに伴い造形学部に変更、2学科(美術学科・デザイン学科)9コース編成を1学科(造形学科)17コース・クラス編成に改編
2009.4 1学科(造形学科)17コース・クラス編成を、1学科(造形学科)16コース・クラス(日本画、洋画、洋画・版画クラス、彫刻、先端表現・総合造形クラス、先端表現・映像/アニメーションクラス、マンガ、視覚伝達デザイン、イラストレーションデザイン、デジタルメディアデザイン、建築デザイン、インテリアデザイン、プロダクトデザイン、工芸、ジュエリーデザイン、アートプロデュース)編成に改編
2010.4 名古屋造形大学、1学科(造形学科)15コース(日本画、洋画、彫刻、陶芸、総合造形、映像・アニメーション、マンガ、視覚伝達デザイン、イラストレーションデザイン、デジタルメディアデザイン、建築デザイン、インテリアデザイン、プロダクトデザイン、ジュエリーデザイン、アートプロデュース)編成に改編
2011.4 名古屋造形大学、1学科(造形学科)14コース(日本画、洋画、彫刻、陶芸、コンテンポラリーアート、アニメーション、マンガ、視覚伝達デザイン、イラストレーションデザイン、デジタルメディアデザイン、建築デザイン、インテリアデザイン、プロダクトデザイン、ジュエリーデザイン)編成に改編
2014.4 名古屋造形大学、1学科(造形学科)12コース(美術:日本画、美術:洋画、美術:彫刻、美術:コンテンポラリーアート、アニメーション、マンガ、グラフィックデザイン、イラストレーションデザイン、デジタルメディアデザイン、建築・インテリアデザイン、プロダクトデザイン、ジュエリーデザイン)編成に改編

名古屋造形大学の3つのポリシー

アドミッションポリシー

名古屋造形大学は、多様な個性を認めあい、自らの知性と感性を磨く、創造力豊かな人を育成します。また、異なる文化への深い理解力を有するとともに、地域の伝統や文化への共感を持ち、その発展に貢献できる人を育成します。この理念に基づき、本学は入学者受け入れの方針として、次のような人を求めます。

●造形分野を専門的に学ぶ上での興味・関心・意欲を持つ人
●豊かな発想力と高度な造形力を身につけ、次の時代を切り拓こうとする気概のある人
●自らの個性を伸ばし、他者の個性を尊重する意志のある人
●地域や社会の文化に積極的に貢献する意志のある人

カリキュラムポリシー

名古屋造形大学は、同朋学園の建学の精神である「同朋精神」、言い換えれば、「共なるいのち」を生きることを教育・研究の基本理念として、真に他者と繋がりあう生きた造形力を養い、社会に有為な人を育成します。本学は、教育課程の編成・実施について、以下のような方針のもとに、その達成を目指します。

●造形分野の各領域が越境しながら進展している造形表現の状況を見据え、多様な社会的ニーズに応えるカリキュラムを編成します。
●必修科目や科目ごとの修得単位数の一定の条件を設定しますが、それ以外に各自の裁量で履修科目を構成できる幅を持たせます。
これにより、学生各自が分野での習熟度を深め、また、分野を越えた体験の幅を広げることを可能にします。
●授業科目は、「基礎科目」「基幹科目」「専門講義・実習科目」「分野別専門科目」の4区分で構成します。
・「基礎科目」では、造形表現活動の基礎的な能力を養うための教養科目群、グローバルな人材を育成するための実用的な外国語などの語学科目群を設置します。
・「基幹科目」は、高校と大学、大学と社会を繋ぐための科目です。学術研究に必要な基本的なスキルを習得する「大学教育の基礎」や、
創作に必須な「知的財産権」関連科目、キャリアデザインの支援となる「キャリア開発」科目などを設置します。
・「専門講義・実習科目」では、理論面において段階的に専門領域を究めるために、学年配当を行い、分野ごとの科目の選択制限をせず、
すべての学生が自らの専門領域を越えて、多様な授業科目を選択できるようにします。
・「分野別専門科目」では、広がりを見せる造形分野に対応できる能力の探求を目指します。
1,2年では、分野ごとのコースによる実制作体験を通して、基礎から応用までの表現能力を養成します。
その初期段階では、考え方や技術の基盤をつくるための「基礎教育」を行ないます。
3年からは、各分野のゼミにより学生各自の専門能力を高めます。また、主に学外と関わりながら行う
プロジェクトをカリキュラムに取り込み、全学年の学生がそれに参加することを可能にします。
●ICTが各専門分野を有機的に繋ぐ「デジタルハブ」を位置づけ、各分野間を自由に横断することが可能な教育プログラムの構築を目指します。
ICTをそれぞれに生かしながら、これまでにない創作表現を目指します。
*ICT:情報通信技術:Information and Communication Technology
●時代をリードする企画や表現の能力育成のため、最先端の設備を備えたデジタルファブリケーションラボと、手作業重視の工房を両輪とした
「クリエイションラボ」の設備を提供します。

ディプロマポリシー

学位/学士

名古屋造形大学は、4年間の教育を通して、造形力を身につける第一歩として、創作・研究と向かいあう姿勢を身につけることを目指します。本学は、次のような指針に基づき学位を授与します。

●専門分野における発想や表現の基本的な能力を獲得できているか。
●自己の存在を認識し、創作・研究に向かうことができているか。
●広く社会を認識し、深い創作・研究に向かうことができているか。
●自らの創作・研究を他者に伝えるコミュニケーション能力を獲得できているか。
●分野を横断した視野を持ち、積極的に人や社会と関わる能力を獲得できているか。

資料請求はこちらから
WEB入試要項・WEB入試案内