TRANSIT

 

What is TRANSIT?

TRANSITはドイツ語の辞書にも『der Transit:通過』と記載されています。2001年名古屋造形大学とデュッセルドルフ芸術アカデミーとの間で行われた国際交流展でこのタイトルは初めて用いられました。ヒト・作品がお互いの国々を行ったり来たりしながら、作品がお互いの国々を“通過”しながら理解を深めるという意味が込められたこの名称は、その後も使い続けられ、パートナー校との学生達と強い絆を作ってきました。展示作品はスーツケースで運べる小さなものや、現地で組み立てが可能なもの、その国の環境でしか制作できないものなど様々です。パートナーを変えて交流展を開催することや外国語でのコミュニケーションを通し、学生達は多くを学んでいきます。TRANSITは若きアーティスト・デザイナーの育成と友好を育む実践プロジェクトとなっています。

 

HISTORY OF TRANSIT

2001 デュッセルドルフ芸術アカデミー
(ドイツ)
2002 ワイマール・バウハウス大学(ドイツ)
2003 アカデミー・ミネルヴァ(オランダ)
2004 ワイマール・バウハウス大学(ドイツ)
2005 愛・地球博に5大学で参加
ワイマール・バウハウス大学(ドイツ)
コンコルディア大学(カナダ)
カーネギーメロン大学(アメリカ)
アカデミー・ミネルヴァ(オランダ)
2006 カーネギーメロン大学(アメリカ)
2007 “造形”とつく大学で実施
東京造形大学
京都造形芸術大学
2008 カーネギーメロン大学(アメリカ)
2009 香港バプティスト大学(香港)
2010 ボイシー州立大学(アメリカ)
2011 ボイシー州立大学(アメリカ)
2012 香港バプティスト大学(香港)
紅河大学(中国)
2013 香港バプティスト大学(香港)
ハートフォードシャー大学(イギリス)
2014 ワイマール・バウハウス大学(ドイツ)
2015 ワイマール・バウハウス大学(ドイツ)
ヴェネチア・ビエンナーレにも足をのばしました。
2016 Coming soon
ハートフォードシャー大学(イギリス)

NAGOYA-BOISE アート&デザイン国際交流プログラム

NAGOYA-BOISE アート&デザイン国際交流プログラム

展覧会を通しての交流

本学では2008年に学術・交流協定を結んで以来、毎年それぞれの学生の交流展を含む、さまざまな交流イベントを実施しています。
毎年6月には親交のきっかけとなったジョン・フランシス准教授と学生の訪問に合わせ、両大学学生作品交流展とボイシー州立大学教員による個展と公開講座を開催しています。
2010年度・11年度には国際交流プロジェクトTRANSITとして、本学の学生がボイシー州立大学に訪れ交流展を開催しました。

レクチャー講師

2009年 ジョン・フランシス(John Francis)
    グラフィックデザイン 准教授 

2010年 ダン・スコット(Dan Scott)
    絵画 准教授

2011年 ジェイムス・ブッデ(James Budde)
    セラミックアート 教授

2012年 ジル・フィッテラー(Jill Fitterer)
    版画 准教授

2013年 チャド・エルペルディング(Chad Erperding)
    絵画 准教授

2014年 ジョン・フランシス(John Francis)
    グラフィックデザイン 准教授 

 
 
 
資料請求はこちらから
WEB入試要項・WEB入試案内